[Excel] ボタンひとつで簡単にF1キーのヘルプ起動を無効化する。

Excelストア

F2キーを押したつもりが、間違ってF1キーを押してしまう問題

エクセル作業中、F2キーは頻繁に使いますよね。セルを編集モードにするためです。
多分、多いときは一日100回は押しています。

もちろん、いちいち見ながら押しているわけではないので、10回に1回くらいはF1キーに指をひっかけてしまいます。

すると、数秒間Excelがフリーズしたと思ったら、時間差攻撃でヘルプ機能が起動します。

「あああああああああああああああ!」

叫び声とともにキーボードを叩きつけたあの日。
Excelハードワーカーにとって、F1キーはまさに天敵と言えるでしょう。

解決策① F1キーを引っこ抜く ←やめろ

これには驚きました。
外資系金融で流行っている方法なんですが、F1キーを引っこ抜くという野蛮な方法ですね。

なんとこの方法を紹介している書籍もあるのです。

ノートパソコンとかでは引っこ抜けないですし、会社の備品を破壊しかねません。やめましょう。

なにより見た目がダサいです。

解決策② VBAで対応

個人用マクロブックにVBAコードを記載することで簡単に解決します。
詳細なやり方は別のサイト様で解説して頂いてますので、ここでは中級者以上に向けて簡単に説明させて頂きます。

  • 個人用マクロブックがない場合は作成する。
  • VBEを開き、個人用マクロブックに以下のコードを書く。
Sub auto_open()
  Application.OnKey "{F1}", "" 
End Sub
  • 保存してExcelを再起動する。

でも、「個人用マクロブック?」「VBA・・」という人も多いのではないでしょうか?

そんな人のために、とても簡単な方法が次の解決策になります。

解決策③ ExcelAcceleratorをインストール

この方法が最も簡単です。1秒で出来ます。

以下のファイルをダウンロードして、開いて、自動インストールボタンを押すだけです。
それだけでF1キーを押してもヘルプが起動しないようになります(完全無料)。


お使いのWindowsのバージョンに合わせて、自動インストールボタンを押してください。

ExcelAcceleratorのインストール方法や他の機能紹介はここから
他の機能を本格使用するためには有効化パスワード(1000円)を購入頂く必要がありますが、このF1キーを無効化する機能は無料のままでご使用頂けます。
興味がありましたら、他のショートカット機能もお試し下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました